やらないほうが良い借金の返済をしのごうとする即日融資の利用

消費者金融機関へ行われた総量規制対象と呼ばれ、年収の1/3までしか融資ができなくなった背景には、借入が多すぎて返済に困り、自己破産をする人が増えたからだと言われています。

しかし、対策として行われた総量規制実施後も自己破産をする人はいるのが現状です。やはり、その背景には、借入額が元本と利息で膨れ上がってしまうからです。この様な方の借入理由を分析すると、最も多いのがもとの返済をしのごうとして簡易審査の消費者金融で追加借入をしていたり、即日融資というような甘い言葉に乗せられて借金で借金を返済しているという状況にしてしまっていることです。

本人は、そうやって返済をしていけば対応可能と考えていますが、そこまで甘くなく、絶対にやらないほうがいい返済のしのぎ方です。

もし、複数の債務を抱えている方は、借入金利、借入金額で優先順位をつけ、どこから返済をしていけば効率が良いか考えましょう。分からない場合は、銀行などの返済専用ローンなどを利用することをおすすめします。

 

トラブル防止の目的で活用される信用調査

市場には、供与と提供があります。ギブアンドテイクと表現されることもありませんが、どちらか片方が欠けても、ビジネスは成り立ちません。たまにそれでトラブルが生じる事もありますから、要注意です。例えば何か仕事を引き受けて、サービスを提供したとします。そこまでは良いです。

それでサービスを提供した以上は、もちろん見返りも求められるでしょう。報酬が無い状態では、ビジネスは成立しませんね。したがってサービス提供者としては、やはり調べたいと思うケースもある訳です。少なくとも仕事をお願いしてきた側に、支払い力があるかどうかを調べたいものです。そうでなければ、未払いで終わってしまう可能性はあるでしょう。

信用調査には、それを防止できるメリットがあります。サービスを提供する側に、果たして支払い能力があるかどうかも客観的数字でチェックできるわけです。それで入念に調べておけば、基本的に大きな問題は生じない傾向があります。

 

なぜベンチャーキャピタルは消費者金融を選ぶか

ベンチャーキャピタルなどは、たまに新規事業を検討する場合があります。それでベンチャー会社などは、アクションはとても早いです。早速行動を起こしたいので、審査などが検討される事もあります。いわゆる運転資金などを調達する目的があるからです。

ところで審査を受けるとなると、選択肢は色々とあります。フリーローンが検討される事例もありますし、もちろん消費者金融という候補が浮上するケースも、全く珍しくありません。それでベンチャー会社などは、後者を検討する事例が目立ちます。

なぜなら上記でも触れた通り、ベンチャー会社などではスピードが求められるからです。それで銀行などによるフリー商品は、手続きが若干遅い場合があります。審査に時間がかかるからです。会社によっては、それこそ数日ほどかかってしまう場合があります。それと比べれば、やはり賃金業者の方が手続きが速やかである事は、ほぼ間違いありません。したがってベンチャー系としては、やはり賃金業者を検討する事も多い訳です。